03-3516-8844

 寿司日本橋すし教室ご挨拶


寿司 江戸前寿司の発祥から21世紀の現在に至るまで、時代は変わっても、
寿司業界で寿司職人になるためには、店主の私がそうであったように、

寿司屋に入って長い修行に耐えなければいけないというのが実情です。


しかし時代も変わり、出前専門店や回転寿司ではロボットが握る昨今、

寿司屋の修行も、その在りかたは多様性が求められていると感じます。


寿司は世界的な注目度も高く、日本の代表的な食の伝統文化ですから、

長い修行を経て身につける技術の意味や正当性は疑いようもありません。


しかし、寿司修行にもいろいろな考え方があっていいと私は考えます。


・ホームパーティーでのおもてなしの一つとして、寿司を学びたい
・定年退職後の第二の人生に、短期で修行し寿司屋を開業したい
・仕事で日本に赴任していた外人さんが、寿司を覚えて帰りたい

寿司

・寿司職人を目指し、このひどい不況下でも安定した職に就きたい
・海外の寿司店に勤務するので、日本で技を磨き模範となりたい
・居酒屋のメニューを見直して、新たに寿司メニューを加えたい
・ブランクのある寿司職人経験者の方が、技術の再確認をしたい

・etc・・・


沢山の想像もつかないニーズがあることをこちらの反響で知りました。


私が営む寿司日本橋では、サイトに寿司教室のページを設けており、
思いのほか沢山の方々に、寿司の基本を教える機会に恵まれました。
そして、一様に喜んでいただけるその姿と、学ぶ姿勢に感銘を受け、

あまたのニーズに応えるべく、この度寿司教室の新設となったのです。


世には、規模の大きい寿司の専門学校もあるでしょう。
しかし、日々稼動している寿司屋の厨房で学べる教室はありません。
規模は小さいながら、店主自ら皆さんに生きた寿司を教え込みます。

これぞまさしく、本物の寿司教室と云えると自負いたしております。


店主/講師 浅井隆司

皆さんのやる気と思いを、そのまま寿司という形で握ってみましょう。
新たな感動がきっと見つかります。
そして、夢が形として握れるまで、私は一生懸命あなたを指導します。
寿司は旨いだけでなく芸術です。握れるあなたはアーティストです。
寿司日本橋の寿司教室であなたもお寿司を握れるようになってください。
おもてなしで握れる程度のテクニックから、プロの寿司職人養成まで、
幅広く充実したカリキュラムであなたの参加をお待ちいたしております。

店主/講師 浅井隆司



店主/講師 浅井隆司のプロフィール

1973年 高校卒業後、老舗の寿司店「大黒鮨」で修行を開始
1979年 調理師免許取得
1980年 25才にて寿司店開業

【 店主からの一言 】
ご縁があって私の教室に来られる方々が、来るのが楽しみなるようなレッスンを目指します。




寿司盛り





(C)COPYRIGHT 寿司日本橋 すし教室 ALL RIGHTS RESERVED.